日本のソースに可能性がある「お好み焼き」
懐石割烹は「日本のこだわり」を捨てる!?

 日本人にはおなじみのお好み焼きやもんじゃ焼きなどの粉物業態は、中国でも十分に普及の可能性がある。

 一般的に、日本人は、XO醤やオイスターソースを使った中華料理を食べると「本格的だ」と認識するが、中国人にとっては、日本のソースも同様に「スペシャルソース」である。即ち、「家庭では再現できない特別な味だ」と感じているからだ。

「たこ焼き」「(ソース)焼きそば」といった、日本のソースを使った料理自体は、既に中国国内には広く浸透しており、馴染みもある。現地化の進め方によっては、面白い展開が期待できるかもしれない。

 一方、本格的な日本料理ともいえる懐石割烹は、沿岸部大都市の一部を除くと、中国に本物の懐石料理や割烹料理を理解する層は存在しない。

 他方、目で楽しませるその提供方法に関しては、多くの中国人が一定の理解と興味を示している。職人頼りのメニューでは、中国市場で展開を広げることは期待できないだろう。

 日本のこだわりを捨て、小洒落た居酒屋料理を懐石風に仕立てる等、「チェーンオペレーション化」と「現地化(顧客目線)」を意識すると、アイデア次第で面白い展開ができるかもしれない。

日式カレーは根付くのに時間がかかる
本格的なイタリアン、フレンチもまだ馴染みがない

 既に中国ですっかり認知されている日式カレーだが、これをさらに根付かせていくためには、まだ時間がかかると思われる。