アメリカで中国の先端AIに対する脅威論が急速に強まっている。

 まず、技術的に追い抜かれる可能性が現実的になってきた。さらに中国が先端AIで優位に立つことの影響は、軍事にまで及ぶと予測されている。

 個人データの利用に寛容な中国の特異な社会構造が、AIの開発に有利に働いている。中国では、究極の監視社会が実現しようとしている。これは個人の自由に対する深刻な脅威になる。

「5年後は米国に追いついてくる」
顔認証技術の凄さと恐ろしさ

「今後5年間は、アメリカがリードできるが、すぐに中国が追いついてくる」。こう述べたのは、グーグル元CEOのエリック・シュミット氏だ(Business InsiderMail Online参照)。

 その中国のAI技術の高さと恐ろしさを象徴しているのが、顔認証技術だ。