日本精機宝石工業が一手に手がける、種類豊富なレコード針。需要がないと思い込んでいるのは日本人だけで、海外ではレコード人気が高く、針の需要が復活しているのだ

売り上げの9割は海外
レコード針の意外な需要

 レコードという豊かな音源が再評価されるようになり、レコード針の需要が高まっている。その貴重なレコード針を50年以上生産し続けている企業が兵庫県の奥地にある。

 大阪や神戸といった都市部から約200キロ離れた日本海が見渡せる地、新温泉町に本社を置く日本精機宝石工業(JICO、ジコー)である。

 同社は1966年にレコード針の生産を始めて以来、2200種類、年間20万本もつくり続けている。その91%は実に海外に輸出されている。交通が不便な地にありながら、JICOは小さな国際企業である。

 国内では骨董品のように思われるレコードだが、海外、特にヨーロッパでは今でも多くの家庭でレコードが大切にされ、高価なレコードプレーヤーが販売されている。そうしたユーザにとってJICOはなくてはならない企業である。

 社長の仲川和志(54歳)は、こう語る。

「ヨーロッパのお客様で、『亡くなった父親が大切にしていたプレーヤーの針が壊れていたが、JICOのおかげでそのプレーヤーが生き返り、レコードを聴くことができた。まるで父が生き返ったような気がした』というサンキューレターをもらったことがあります。探していた針を見つけることができたというメールもよくいただきます。つくり続けていてよかったなと思いますね」