そう言われたのを引きずってしまって、後でいろいろ調べてみると、占い師は占いに来た人に死の時期なんて伝えない、と書かれてあるものが多かったです。あれは何だったのか。僕自身がまだ30代なので、真相はわかりませんが……」(30代男性)

 なんとも不吉で、暗い気持ちにしかならない鑑定結果をぶつけてくる、心ない占い師。「自分の死期を教えてください」と頼んでくる相談者を除き、ただ普通に占いに来る人に対し、わざわざ死期を伝える必要はないと感じる。

相談者の行為や選択を糾弾
“呪い”をかけてくる占い師

 最後は、モンスター度・上級(筆者独自の判断)の事例で締めたい。

「仕事と恋愛、2軸での悩みを抱えていた時期に、占い師のもとを訪ねたことがありました。仕事では後輩との関係がうまくいかなくて、恋愛では不倫関係にストレスを溜めていた時期です。

 すべて正直に話すと、仕事については『あなたが一方的に悪い』『あなたの後輩に非はない』と責められ、挙げ句の果てには『今のポジションを選んでいるあなたが正しくなかった』と、自分のキャリアを否定するようなことを言われました。

 不倫については、『人の道をはずれた行為』『来世で悪いことが起きる』『(不倫をしたことで)もうこの先、人並みの幸せは絶対に得られない』と、悪いことばかり言われましたね。まるで呪いです(笑)。確かに不倫は良くないことだし、しない方がいいことだと、今となってはわかりますが。