中国エステで働く女性たち Photo by Naoki Nemoto

繁華街で「お兄さん、マッサージいかがですか」とカタコトの日本語で、中国系の女性に声をかけられた経験のある人は多いだろう。路上での客引き行為の取り締まりが厳しくなった昨今は、キャッチ女性の数こそだいぶ減ったが、彼女たちの職場「中国エステ」は80年代後半からどんどん増え続け、いまや全国津々浦々にまで広がっている。DOL特集「地下経済の深淵」第10回は、そんな「中国エステ」店の知られざるビジネスモデルに迫った。(ライター 根本直樹)

氾濫する中国エステの実態は
風俗店からときどき不健全店まで 

 中国エステの大半は、表向き「リラクゼーション店」をうたい、「非風俗店」ということで営業している。だが、その形態は大きく二つに分けられる。射精に至るまでのサービスを行う風俗用語で言うところの「ヌキあり」店と、マッサージだけの「ヌキなし」店(業界では「健全店」と呼ばれている)だ。

 しかし、どちらの形態にせよ、ほとんどの店がホームページなどで「当店は風俗店ではありません」とうたっており、外からはどちらなのか見抜くのは難しい。また、二つの形態にきっちりと分類できない曖昧さがあるのも“中国系”の特徴だ。