健全店でも売り上げが
月1000万円に上る店舗も

「この手のお店の9割は、黒字だと思いますよ。普通にやれば、ほぼ赤字になんてならないんじゃないかな。だから、多くの中国人女性がエステ店を持ちたがるんです」

中国エステの店内 Photo by N.N.

 こう語るのは、都内中央線沿線のK駅近くで「健全店」を営む、ハルビン出身の陳雪華さん(仮名・43歳)。日本に住んで22年、エステ経営歴7年になるという彼女に、店の立ち上げから経営の実態まで、いわば「中国エステのビジネスモデル」について話を聞いた。

 まず、陳さんが「9割は黒字」と言い切る理由は何か。

「何か特別なカラクリがあるわけじゃないです。お客さんがたくさんいるから儲かる。それだけですよ」(陳さん)

 実は、中国エステには相当な需要がある、ということらしい。

「K駅周辺だけでも、10店舗近いエステ店があるけど、私の店だけで1日平均13~15人のお客さんがくる。客単価は1万円で、月の売り上げは最低でも400万円はいく。家賃や光熱費、女の子の給料を払って、私の手元に残るお金は、だいたい150万円くらい。これでも低いほう。私の店、ベッドが四つしかないから」と陳さんは言う。

 その上で陳さんは、「もっと大きい店なら毎月600万~1000万円近く売り上げがありますよ。はっきり言って、エステは儲かるね。スナックとかパブなんかよりも、全然、利益率は高いと思います」と明かす。