「そうっすよね」的
タメ語に注意!

敬語は外国語だと割り切って覚えよ岩瀬大輔(いわせ・だいすけ)ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長。1976年埼玉県生まれ。東京大学法学部を卒業後、ボストン コンサルティング グループ等を経て、ハーバード大学経営大学院に留学。同校を日本人では4人目となる上位5%の成績で修了(ベイカー・スカラー)。2006年、副社長としてライフネット生命保険を立ち上げる。2013年6月より現職。著書は『入社1年目の教科書』『入社1年目の教科書 ワークブック』(ダイヤモンド社)など多数。
(撮影/佐久間ナオヒト)

岩瀬さん 1つ目のポイント。よくある誤りに、謙譲語と尊敬語の取り違えがあります。ここを押さえておくことですね。たとえば、「うちの原田部長がおっしゃっていたんですけど」とか。

Bさん ああ、言ってしまいます!

岩瀬さん これなどは、本を読んで基本的な考え方さえ理解しておけば、すぐに直せる誤りです。
「部長の原田が申していましたが……」などと言えばいいですよね。
あと、いわゆる「タメ語」も犯しやすい誤りです。

Bさん ……そうっすよね。

岩瀬さん まさしく、それです!ポイント2つ目は、「ていねいに聞こえるタメ語」に気をつけることです。さすがに「そうだよね」と口にする新人はいないでしょうが、「そうっすよね」などという「ていねいに聞こえるタメ語」が出現し始めます。その都度修正して、身につけていきましょう。

Bさん しまった、「そうですよね」。

敬語を攻略するために、
周りの人に宣言しよう

岩瀬さん 敬語攻略法として、周りの先輩に宣言することをおすすめします。
「敬語をマスターしたいので、間違った敬語を使っていたら、直していただけませんか」と、伝えておきましょう。

Bさん お客様との電話はとくに心配です。ただでさえ電話に慣れてないものですから……。

岩瀬さん たしかに、電話応対に慣れていないころは、相手の会社名や会話の中身を把握することばかりに気を取られ、言葉遣いまで気が回らないものです。無意識のうちに変な敬語が口をついてしまうこともあるでしょう。それは、その都度指摘してもらって直すしか方法はありません。
あせらなくて大丈夫です。最初から誤りのない敬語を使いこなせる新人はほとんどいません。私も新人のころは、あまり得意ではありませんでした。

Bさん そうなのですか、安心しました!

岩瀬さん だからといってのんびり構えているのもいただけません。社内外から受ける人物評価の要素として、言葉遣いがかなり大きな部分を占めているのも事実ですから、しっかり覚えていきましょう。
勉強した分だけ効果は表れます。最も投資効果が高い語学研修だと考えて取り組んでください。日本語が上手に使える人は、どんな人からの印象も良くなるはずです。

Bさん はい、しっかり学んでいきます!

『入社1年目の教科書』の50のルール33「敬語は外国語のつもりで覚えよ」のポイントを押さえました。
次回は、さらに踏み込んで、新入社員がどうも納得いかない「敬語」について、岩瀬さんに質問をぶつけます。どのようなアドバイスが飛び出すのか、お楽しみに。
(2018年3月30日更新予定)