そこで、今のような状態を続けていても結婚に結びつく出会いは期待できないから、出会い系サイトはやめるようTさんを諭し、きちんと結婚相談所などを利用するよう勧めました。また、出会いのチャンスを増やすために趣味を広げ、カルチャースクールに通うなどして、人とかかわる機会を多く持つようアドバイスしました。

婚活に遊び感覚の出会いは不要
制御が効かなくなる前にやめよう

 女性の場合、過剰な支出といえばアクセサリーやバッグ、高級靴などを思い浮かべますが、結婚したいと思っている独身男性の場合は、Tさんのように出会い系サイトにお金を費やしたり、出会えなかったときに寂しさを紛らわすため、風俗やアダルトDVDなどに多額の費用をかけてしまう人は少なくありません。

 こうしたものには、“中毒性”があるため、毎月の収入だけでは間に合わず、貯蓄を食い潰してしまうといったケースも多いのです。

 本当に結婚したいのであれば、 “遊び感覚”の出会いは必要ないはずです。楽しいからといって、出会い系サイトなどにはまってしまうと、結局、何も得るものがないままにお金を失ってしまうことになってしまいます。楽しいことには抑制が効かなくなりますから、なおのこと意識して気をつけていきたいものです。

(家計再生コンサルタント 横山光昭)