登山電車からの風景

 登山電車の車内からはツェルマット村やマッターホルンが一望できる。雪のない時期には、ゴルナーグラート登山鉄道の途中駅で下車して、ハイキングをしながら、秀峰を眺めたい。

ツェルマット村の中心部にあるマッターホルン博物館。入場料CHF10★。www.matterhornmuseum.ch

 村には昔ながらの木造家屋が並ぶ地区や、博物館、数々のレストランがある。澄んだ空気と環境を守るため、エンジン付きの自動車は村の中を走れない。小型の電気自動車が荷物や人を運ぶ。穀物倉庫の柱には、ネズミ返しの石板がついているのも面白い。

 山の天気は気まぐれ。美しい山々を見るには2日は滞在したい。

※「スイストラベルパス」は決められた期間内、スイス全土の国鉄、ポストバス、ほとんどの私鉄と湖船が乗り放題になる。また、約490ヵ所のミュージアムが無料または割引に。写真の説明文に、パス提示で無料になるところには★を、割引になるところには☆をつけた。

ツェルマットの名物料理を味わうのなら…

ラクレット食べ放題、乾燥肉やピクルス、野菜つきで、CFH45

 ラクレットは、ツェルマットのあるヴァレー/ヴァリス州が本場。「シェーファーステューベ」は、ツェルマットでも指折りの人気店。クリームチーズをトッピングしたラムチョップ(CHF24)もおすすめ。

料理人が客席フロアでハードチーズの断面を温め、削り、ひと皿ひと皿盛りつける様子が見られる(写真左)

【データ】
「シェーファーステューべ(RESTAURANT SCHÄFERSTUBE)
住所:Riedstrasse 2, 3920 Zermatt
電話:027 966 7600
www.julen.ch/en/

※本記事は2016年9月の取材によるものです。情報やデータ類のアップデートはしておりません。

コンテンツ提供

「今、こんな旅がしてみたい! 2017年1月号」(地球の歩き方編集室)
※最新号の購入は、【こちら】から
ダイヤモンド・ビッグ社:http://www.diamond-big.jp/