「節約してるのになかなかお金が貯まらない……」「老後の資金づくり? 何もやれていないんだけど……」「資産運用の情報が多すぎて、何から手をつければいいのか……」そんな家計の悩みをお持ちの人も多いのでは? ずぼらな人でも簡単にできる「家計システムのつくり方」を解説した、ロサンゼルス在住のFP主婦・岩崎淳子氏の最新刊『お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計』より、内容を一部抜粋してお届けする。

「がんばる」対「がんばらない」……勝敗はついた!

 前回の記事では、「ふつうの家計」にとっては「インデックス投資信託」こそが、最も手堅い「お金の貯め方」であるということをお伝えしてきました。

※参考
ふつうの人が「預金以外」にやっておくべき「いちばん低リスクで、いちばん手堅い投資」とは?

 インデックス投資信託とは、「市場にあるすべての株式を市場と同じ比率で購入する」手段です。市場全体の「平均値」を取ることができるので、最もリスクが小さくなり、しかし、必ず一定の(極端には高くない)利回りが確保できることが魅力でした。