「節約してるのになかなかお金が貯まらない……」「老後の資金づくり? 何もやれていないんだけど……」「資産運用の情報が多すぎて、何から手をつければいいのか……」そんな家計の悩みをお持ちの人も多いのでは? ずぼらな人でも簡単にできる「家計システムのつくり方」を解説した、ロサンゼルス在住のFP主婦・岩崎淳子氏の最新刊『お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計』より、内容を一部抜粋してお届けする。

値段を見て買わない。タイミング分散が最強

前回の記事では、「ふつうの家計」がお金を貯めていくうえで最も手堅い方法(=インデックス投信)にも一定のリスクがあること、そして、それを回避するには、他人の意見やニュースに振り回されず、「何もしない」でそのまま長期保有するという手段が最も有効な戦略になり得るということを説明しました。

ところで、数ヵ月前にも、こんな見出しが新聞やニュースに躍りました。ご記憶の方も多いのではないでしょうか。

「日経平均2万4000円台を回復。26年ぶりの水準」
「NY株1175ドル安。下げ幅過去最大。リーマン・ショック抜く」