細かな規則にこだわる人に悩まされていないか?
「なんで手続き通りに対応しないんだ。『手順を踏め』といつも言っているだろ!」――急ぎの案件を獲得した時でも手順にこだわるこんな上司に振り回されていないだろうか……?(写真はイメージです)

経費精算の書類を持って行くと、締切時間に1分でも遅れたら受け付けないという経理担当者。取引先から好感触を得てその場で話を進めてきたら、手順を踏まないと認めないという上司。あなたはこんな、細かな規則にこだわる人に悩まされていませんか?『かかわると面倒くさい人』の著者・榎本博明氏がそうした人たちの心理構造を分析します。

なぜ所定の用紙に
そんなにこだわるのか

 会議の1時間前に急遽、数百円の文具が必要に。急いでコンビニに走り、立て替え払いで購入して間に合わせようとしたところ……。

「立て替え払いは極力やめてください。所定の用紙で申請しなければ受け付けられません。急ぎの決裁を頼めば、今日の昼すぎには決裁が降りるので、会議は明日に変更してはいかがですか」

 いずれ仕事で必要になる物の購入であり、決裁が通らないはずがありません。

 そもそも、数百円の文具の購入の決裁を待つために、参加メンバーの時間を再調整し会議を延期させるなど、非効率極まりないということが、なぜわかってもらえないのでしょうか。

「所定の用紙」「書類の決裁」には、それだけの犠牲を払うだけの価値があるとでもいうのでしょうか……。

 このように経費購入時の決済の手続きがあまりにも面倒くさく、不毛なやりとりに辟易としてしまうので、いつも自腹を切るという人がいます。