地銀業界で言うと、近い将来、全ての地銀が生き残ることができるとは到底思えないし、無理に生き残らせることがいいとも思えない。行政と銀行経営者が共に「秩序ある撤退」を選択肢の一つとして真面目に検討するべきだ。

「スルガ型サブプライム問題」の可能性は

 スルガ銀行が力を入れていた、主として個人向けのアパートやシェアハウスに対する融資、あるいは無担保のカードローンは、多くの借り手が情報弱者であることもあって、一時的に銀行業界の収益に貢献したが、近い将来、今回問題になった案件のような不良債権を生むにちがいない。

 日本の経済全体に関わる問題としては、似たような性質の“不良”な信用拡大がどの程度あるのかだ。

 バブルとは、過剰な(=不良な)融資の拡大がもたらす「一時的な資産価格の上昇現象」なので、その規模を決めるのは市場の熱狂よりもむしろ信用の拡大だ。金融業界として金融マン個人への制御が効かないと、金融マンの仕事はこのバブルをせっせと着実に拡大させる。

 スルガ銀行以外の銀行にも、同行と同類のビジネスが少なくないのではないか。そして、これは、かつて金融危機を起こした米国の「サブプライム問題」と似た構造の問題である。

 どの程度の規模で、いつ問題が表面化するのかを言い当てることは難しいが、「スルガ型サブプライム問題」に注目しておきたい。

(経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員 山崎 元)