アリババのジャック・マー会長 ©東方新報

中国最大のEコマース企業であるアリババのジャック・マー会長は、早稲田大学で講演し、学生代表と語り合った。その中で、マー会長は、「秀才は就職すべき。でも僕のようなクズは起業するしかない」と語った。マー会長は、学生に何を訴えたのか、1995年に日本で創刊された中国語の新聞『東方新報』の取材班が取材した記事をご紹介しよう。

マー会長を一目見ようと
大隈講堂に長蛇の列

 4月末、阿里巴巴(アリババ)グループの馬雲(ジャック・マー)会長は、早稲田大学に招かれ、大隈講堂で学生代表の3人らと語り合った。この日は、マー会長を一目見ようと入場時間前から会場の外には長蛇の列ができ、1400席以上の座席も満席となった。

 午後4時、早稲田大学の鎌田薫総長があいさつを述べた後、いよいよマー会長が舞台に上がった。中国ビジネス界の大物と呼ばれているが身長は低く、頭は角刈りだ。

 マー会長と討論する3人の学生代表はいずれも博士課程の起業家で、データセキュリティとAI、食用と飼料用の昆虫、そして人体外骨格とVRの分野にまつわる企業を立ち上げている優秀な3人だ。