ひったくりが多発する大阪ひったくりが多発する大阪で自転車用の防犯カバー装着を呼びかけるくまモン (c)朝日新聞社

 新潟や千葉で女児が被害に遭う痛ましい事件が起きた。殺人、強盗、詐欺、すり、ひったくりなど様々な事件が連日起きているが、報道されるのは一部。事件全体の件数を都道府県別にみると、地域差が大きいとわかる。各地の犯罪事情や安心して暮らせる地域はどこかを探った。

 まずは昨年1年間の犯罪の発生状況を振り返りたい。

 警察庁「犯罪統計」によると、通報や被害届で全国の警察が認知した刑法犯は、約91万5千件。認知件数は2002年の約285万4千件をピークに減る傾向で、16年には戦後初めて100万件を下回った。17年も前年比約8%減ったが、それでも1分間に約1.7件起きた計算になる。

 都道府県別にみると、東京が約12万5千件と最も多く、全国の約14%を占める。2番目は大阪で約10万7千件。ただ、人口10万人あたりに換算すると、大阪1208件、東京926件と順位が逆転する。犯罪が多発する大阪は、認知件数に占める検挙件数(検挙率)も21.8%と全国ワーストだった。

 認知件数が最も少ないのは、実数でも人口比でも秋田。人口比でみると、最多の大阪と最少の秋田は、実に5倍超もの開きがある。

都道府県別にみた主な犯罪の認知件数都道府県別にみた主な犯罪の認知件数(2017年)(週刊朝日 2018年6月1日号より)
拡大画像表示