中学や高校で英語を習った人なら、たいていそれなりの単語力はあるものだ。にもかかわらず、いざ話そうとするとまったく言葉が出てこなくなるのはなぜなのか? 30年にわたって日本人が英語を話すための方法を考えてきたデイビッド・セイン氏が、この問題について、画期的な解決策を考案。そのメソッドを、このたび『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる――日本人1万人を教えてわかったすぐに話せる50の方法』にまとめた。
これは、とにかくしゃべれるようになること「だけ」をゴールにしたニュータイプの英語本。
「That sounds...」「I feel like...」「Let's say」など、一番使い回しの効く「最強のしゃべりだしフレーズ50」を厳選、どんな会話でも対応可能の「ネイティブの6つの会話パターン」に沿って紹介している。脳が最も効率的に記憶できる無料ダウンロード音声もついているので、「最短距離」で英語を話せるようになりたいという人なら絶対に必読の一冊だ。以下、その内容から一部を特別公開しよう。

「誰かが言ってた」でちゃんと通じる

「人から聞いた話」をするとき、日本語では「××(人の名前)から聞いたのですが」のように言うことが多いですよね。英語でも同じように、I heard from XX. と言えます。これは日本語をほぼ直訳すればいいのでわかりやすい。

 また、ネイティブはそのようなとき、個人名をぼかして、「Someone told me...」(誰かが言っていた)という言い方もよくします。シンプルで使いやすいしゃべりだしフレーズです。

「話の出所」を明らかにしたくないときには、someone(誰か)と言えばいいのです。他にも、同じように「××から」の部分をぼかして言いたいときは、「A little bird told me.」という表現を使うこともできます。名前を出さずに「小鳥が言っていたんだけど」としてしまうオシャレな言い回しです。

こんなふうに使ってみよう

Someone told me you speak Spanish.
(君はスペイン語を話せるって聞いたよ)

Yes. My grandmother is Mexican.
(はい。私の祖母がメキシコ人なんです)

Someone told me you are a really great cook.
(君はとても料理が上手だって聞いたよ)

What? That's not true at all!
(なんですって? そんなのまるっきりうそですよ!)

Someone told me Josh got fired.
(ジョシュがクビになったって聞いたよ)

Really? I guess it's because he was always late.
(本当ですか? いつも遅刻しているからだろうね)

Someone told me that these shirts are buy one get one free.
(このシャツは1枚買うともう1枚タダになると人から聞いたのですが)

I'm sorry, but that offer only applies to polo shirts.
(申し訳ありませんが、そのサービスはポロシャツにしか適用されないんです)
※ buy one get one free =1つ買ったら1つタダ

Someone told me that you have experience using Linux.
(誰かから君がリナックスの使用経験があるって聞いたんだけど)

Yes, I do.
(はい、ありますよ)

Someone told me there might be more layoffs this month.
(今月はもっとたくさんの人が一時解雇されるかもって聞いたよ)

I guess the economy is still not doing well.
(まだまだ景気が良くないってことだろうね)

ポイント:I heard that..(~らしいね)も同じようなニュアンスで使える

(本原稿はD・セイン著『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる』からの抜粋です)