中学や高校で英語を習った人なら、たいていそれなりの単語力はあるものだ。にもかかわらず、いざ話そうとするとまったく言葉が出てこなくなるのはなぜなのか? 30年にわたって日本人が英語を話すための方法を考えてきたデイビッド・セイン氏が、この問題について、画期的な解決策を考案。そのメソッドを、このたび『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる――日本人1万人を教えてわかったすぐに話せる50の方法』にまとめた。
これは、とにかくしゃべれるようになること「だけ」をゴールにしたニュータイプの英語本。
「That sounds...」「I feel like...」「Let's say」など、一番使い回しの効く「最強のしゃべりだしフレーズ50」を厳選、どんな会話でも対応可能の「ネイティブの6つの会話パターン」に沿って紹介している。脳が最も効率的に記憶できる無料ダウンロード音声もついているので、「最短距離」で英語を話せるようになりたいという人なら絶対に必読の一冊だ。以下、その内容から一部を特別公開しよう。

コレを言おうとして口ごもったことはありませんか?

 英会話をする際、「それではがんばってください!」「がんばって!」などと声をかけたい場面はよくあります。そんなとき、意外と口ごもってしまう日本人の生徒さんは多くいます。

「がんばる」という単語を命令形にすればいいのか? そもそも「がんばる」って英語にあったっけ……? などと迷ってしまうせいだと思います。

 じつは、日本語の「がんばって!」に相当する英語表現はたくさんあります。落ち込んでいる同僚を励ましたり、プレゼンに臨む部下を勇気づけたり、チームのメンバーを鼓舞したりなど、ネイティブはさまざまな場面に応じて、以下の表現を適切に使い分けています。ざっくり上から「フォーマル」→「カジュアル」の順番に並べています。

5通りの「がんばって!」

You can do it.(あなたならできます)
文字通り「あなたならできる」「大丈夫ですよ」と励ますひと言。

Do your best!(ベストを尽くしてください!)
「 ベストを尽くしてください」が直訳ですが、要は「がんばってください」ということです。同じ意味の表現に「Giveit your best shot.」もあります。

Good luck!(幸運を祈ります!)
「 幸運を祈ります」という意味ですが、これも「がんばって!」のニュアンスで広く使われています。

Take it easy!(無理しないでね!)
落ち込んでいる相手に言えば「くよくよしないで」という意味の表現になりますが、「気楽に行きましょう」とエールを送る意味でも使えます。

Break a leg!(がんばって!)
直訳は「脚を折って」。由来は諸説ありますが、舞台やプレゼンなど、とくにこれから人前で何かを披露する人に言う決まり文句です。

 いろいろなバリエーションの言い回しですが、どれも「がんばって!」という意味。これで、今度「がんばって!」と言いたい機会があったら口ごもることはなくなりますね。

 本書では「しゃべりだしフレーズ」以外にも、「本当ですか?」「なるほどー」「いまなんて言いました?」など、知っているだけで使い回しが最高に利く頻出のフレーズを選び抜いて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

(本原稿はD・セイン著『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる』の内容を編集して掲載しています)