大手IT企業がAIやビッグデータの最先端技術を武器に金融業に進出する動きが加速
写真はイメージです

 大手IT企業の金融業への進出が、中国では顕著に進展しており、伝統的な金融の世界を大きく塗り替えている。

 アメリカや日本はこの動きに立ち遅れたが、同様の動きが、これから生じる可能性がある。

 他方で、銀行が新しい技術を取り入れようとする動きもある。金融の世界は大きく変貌するだろう。

中国では現実に大手IT企業が
大手IT企業がフィンテックの主役

 金融業は情報産業だからIT企業が金融業に進出するのは、規制がなければ、自然の成り行きだ。

 とくに、金融とeコマースとの関連はもともと深い。

「eコマース企業が金融へ」という動きは、すでに中国で起こっている。ウェブショッピングのアリババグループ(阿里巴巴集団)が「アリペイ」という電子マネーを開発して、通貨・決済業務に進出。それだけでなく、貸し付けや保険などの分野にも進出している。