初対面の営業マンに対して
いい印象を持つ人は少ない

 私はお客様との接客、トークの研修で、

「“お客様は断る”という前提で考えたほうがいい」

「お客様とは、まともに会話などできない」

 といった話をする。

 このような状況は、営業職を少しでもやったことがある人であればすぐに理解できるだろう。しかし、営業マンの中には、お客様の“拒否反応”に気がつかないのか、

「そんなお客様ばかりじゃないですよ。そんなにネガティブに考えなくてもいいと思います」

 と反論してくる人もいる。

 もちろん、いいお客様もいる。初対面にもかかわらず好意的で、話がはずむ。

 こういったケースが全くないわけではない。しかし、大半のお客様は営業マンと対面した瞬間《気を付けないとまずい。営業マンの話をまともに聞いたら買わされるぞ》と警戒心を強めている。

 私は営業マンの方々に「もし、自分自身が買う立場になった時、営業マンに対して“うるさく言ってきたら、こう断わろう”と思っていませんか?」と質問する。

 すると、多く営業マンに「確かに、そう思う」と納得していただける。

 残念ながら、ほとんどの人は営業マンに対していい印象を持っていないのだ。