一流の気くばり力
Photo:PIXTA

目上の人と接するとき、つい身構えて距離を置いてしまうことはありませんか。でも年長者には、懐に飛び込んでしまったほうが勝ち。新著『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』を出版した安田正氏が、同書の中から、若手社員に向けた会社での人付き合いについて指南します。

オジサンは面倒だと
心を閉ざすのはもったいない

 組織というものは、あらゆる年代、さまざまな環境で育ってきた、まったく違った性格を持つ人たちが集まり、目的を持って働いているところでもあります。

 年長者で「最近の若い者は……」などと言う人はさすがに減ってきているかもしれませんが、世代が違えば多かれ少なかれ、お互いにジェネレーションギャップを感じてしまうものです。

「○○課長はとっつきにくいし、言うことがいつも古いんだよな」

「いつも、昔話か自慢話しかしないから、疲れるんだよね」

 本音ではこんなふうに思ってしまうこともあるかもしれません。

 でも、それは非常にもったいないことです。