戦車から移動式調理システムまで
軍隊のあらゆる装備品が大集合

欧州最大の防衛展示会「ユーロサトリ」を軍事専門家がルポ
欧州最大の国際防衛・安全保障展示会「ユーロサトリ」から、軍事専門家による会場ルポをお届けする。世界の最新潮流と日本の国防の未来とは

 ユーロサトリというイベントがある。フランスのパリ郊外において隔年で開催される欧州最大の国際防衛・安全保障展示会であり、今年は6月11日から15日にかけて開かれた。筆者も今回、「ニコニコドキュメンタリー特集『国防』を考える」という企画で同会場を訪れることができたので、以下、その模様について何点か書き留めてみたい。

 欧州最大を謳うだけあり、ユーロサトリの規模は巨大である。

 都合3つの展示パビリオンと屋外展示スペースを用いて、国防・安全保障用途の様々な装備品がびっしりと展示されている。それも戦車や装甲車、防空システムといった「わかりやすい」ものから、通信システムや電子妨害システム、ヘルメット、防弾チョッキ、果ては戦場で食事を供給するための移動式調理システム(実際に焼いたパンなどを試食させてくれるところもあった)に至るまで、およそ軍隊が必要とするあらゆる装備品が網羅されている。

 こうして様々な装備品を実地に展示して見せることにより、会場を訪れる顧客(各国の政府や軍の高官も含まれる)に売り込みを図ることがユーロサトリの中心的な機能の1つであるようだ。

欧州最大の国際防衛・安全保障展示会「ユーロサトリ」から

 ところで筆者はロシアを始めとする旧ソ連の軍事・安全保障政策を専門としている。それゆえロシアの武器展示会には何度も足を運んでいるが、欧州のそれは今回のユーロサトリが初めてであった。

 その上でまず印象に残ったのは、ユーロサトリは「ビジネス」の色彩が極めて強いということである。ロシアの武器展示会は半ば愛国イベントとしての性格を持っているので、一般人でも入場が容易だが(ただし開催期間の前半はトレード・デイとしてチケットが極端な高額に設定される)、ユーロサトリは事前申請の上、審査を受けた入場者しか受け付けてもらえない。

 要するに実際に武器を売買する気がある人、政府関係者、メディア関係者ら以外は「原則としてお断り」ということのようだ。実際、会場内は背広や軍服姿のパリッとした人々ばかりで、普通のお父さんが子連れで見物に来られるような雰囲気ではない。