企業ランキングと言うと、利益や生産性など企業の能力の一側面を比較して作成・発表されているものが少なくない。なぜならそうした指標が「企業の実力を測るモノサシ」として最もポピュラーだからだ。それに対し、企業の「総合力」を評価している点で他の企業ランキングとは一線を画しているのが、米ドラッカー研究所(Drucker Institute)が毎年発表している「米企業ランキング」だ。

 同研究所は、マネジメントの第一人者である故ピーター・ドラッカー博士の思想を基に、組織力を高めて社会を強化することを使命とする、クレアモント大学院大学にある研究機関。「米企業ランキング」は、彼らがドラッカー博士の理想や教えを米主要企業の業績に関する分析や比較に用いた画期的なランキングである。ドラッカー理論から明らかになった、本当に経営効率のよいグローバル企業とはいったいどこだろうか。

米国企業ランキングベスト10
ドラッカー研究所の「米国企業ランキング」を元に上位10社に絞って作成 ©ドラッカー研究所 ダイヤモンド社 禁無断転載
ドラッカー研究所の発表資料より、評価項目等の訳は以下の通りとしている
Effectiveness…総合マネジメントスコア(実効性)/Customer Satisfaction …顧客満足度
Employee Engagement and Development…従業員の関与と人材開発/Innovation…イノベーション
Social Responsibility…社会的責任/Financial Strength…財務力
(出典)The name “Peter F. Drucker” is a registered trademark of The Drucker 1996 Literary Works Trust. The Drucker 1996 Literary Works Trust is not a sponsor of and has not approved, authorized, reviewed or been involved in any aspect of the Drucker Institute’s company rankings. 拡大画像表示

 ランキングを見ていこう。

 1位はアマゾン、2位はアップル、3位はアルファベット、4位はジョンソン・エンド・ジョンソン、5位はIBM、6位はマイクロソフトとP&G、8位は3M、9位はシスコシステムズ、10位はエヌビディアだった。

 1位のアマゾンはイノベーションで2位以下を大きく引き離し他のが要因で総合トップになったものの、各部門の数値がバラバラであり、万遍なく高い評価を出したアップルやアルファベットと比べたら不安定さが見える結果となった。

(企画&取材協力/JDパワー、文/ダイヤモンド・オンライン編集部 後藤新平)

>>ランキング全50位までとザッカリー氏の解説を読む