見逃しやすい! 製氷機にもカビ

ミネラルウォーターのボトルの下部に現れたカビ(大阪市立自然史博物館・浜田信夫さん提供)

 では、清潔な冷蔵庫にする掃除法と、カビ予防のポイントを見ていこう。

 まずは大きめのクーラーボックスや保冷バッグ、保冷剤を用意して、大胆に冷蔵庫を空っぽに。すかさず賞味期限や消費期限が切れている食材は処分しよう。

 次に、ドアポケットやチルドルームの引き出し、トレー、野菜室などを取り外す。「野菜室の容器の裏側に野菜くずが落ちていると、そこにカビが生えていることがあるんです」と尾崎次長。外したパーツは薄めた食器用中性洗剤で洗う。エタノール除菌を推奨する声もあるが、「成分が強いため(冷蔵庫の素材を)劣化させる可能性がある」ので、尾崎次長はお勧めしない。洗ったパーツは乾燥させる。プラスチックなど、冷蔵庫に使われる樹脂系の素材は紫外線に弱い。だから、ベランダ干しは避けよう。

中央にカビが生えたマーガリン(大阪市立自然史博物館・浜田信夫さん提供)

 冷蔵庫の内部もパーツと同様スポンジに中性洗剤をつけて、カビや汚れをこすり落とす。

 夏に大活躍の製氷機も気にしたい。タンクや冷蔵庫側の吸い込み口にカビがあると、氷に影響する。同じ食器用中性洗剤で掃除しよう。塩素を含まないミネラルウォーターは、カビが生える原因になる。製氷機には水道水を。

 ラストは外部の掃除だ。「サッと水拭き」と思っているなら大間違い。冷蔵庫のドアの持ち手に集まるのが手垢(てあか)、すなわちカビのエサだ。

「持ち手は手垢や埃(ほこり)が入り込んでいる。歯ブラシと中性洗剤を使って磨き落としてほしい」と尾崎次長。「おそうじ本舗」では特別な仕上げ剤を使うそうだが、一般家庭に代用品はあるだろうか。

「リンスや柔軟剤です。乾いたタオルや布で塗って、から拭きを。静電気防止剤が入っているので、スベスベになり、手垢や埃が一時的に付きにくくなります」(尾崎次長)