トップ営業マンは
しっかりキーマンを押さえる

 トップ営業マンと呼ばれる人々は、そういったミスを絶対にしない。

 見積もりを出す前に「決めるに当たり誰か相談する人はいますか?」とキーマンの存在を必ず確認する。間違っても、見積もり提出後に「では、○○さんに相談してから……」などと言われることはない。

 だからこそ、しっかりと結果を出すことができるのだ。

 トップ営業マンはしっかりとキーマンを押さえる。これはお客様だけではなく、社内でもきっちり行っている。尊敬するトップ営業マンの先輩は、キーマンとの関係に力を注いでいた。

 設計、現場、アフターなどの各部署に“この人がキーマンだ”という人がいる。

 こういった人たちとの関係構築のために時間と労力を注いでいた。常に良好な関係を構築していたのだ。

 このキーマンたちの存在は大きい。

“不測の事態”が起こった時に力強い存在になる。実際、先輩がピンチになった時はキーマンたちが真っ先に手を差し延べていた。これは普段からの関係構築の努力のたまものだった。