自社の論説に異を唱えるのは
怖いことだろうが…

 なかでも目を引くのが、さまざまな高校の新聞部の論評だが、特に山形のある高校の新聞は素晴らしい。以下に引用させていただく。

「選手が何のためらいもなく、監督の指示に羊のように従う。国民の大多数がそれを肯定し、応援する。どうしてだろう。僕らはそうした人間関係から少しでも抜け出そうと努力をしていたはずなのだ」

 組織の「しがらみ」などなく、どこのスポーツ記者、ジャーナリストよりも肉薄した形で、「高校野球」の熱狂ぶりを俯瞰している新聞部の生徒たちの言葉は重い。

 立派なジャーナリストがたくさんいる「朝日新聞」ならば、きっと「甲子園の闇」を浮かび上がらせることができるはずだ。自分の属する組織に弓を引くのは怖いかもしれないが、そういう方は、冒頭で紹介した、炎天下での運動を控えるように呼びかけた自社の記事を読んでいただきたい。

 まるで今の朝日に疑問を感じている記者へのメッセージではないかと思ってしまうほど、素晴らしいことが書いてある。こちらを引用して本稿のまとめとさせていただきたい。

《仲間の様子がおかしい時、自分や仲間を守るために、声を上げましょう。とても勇気がいることです。でも、みなさんの方が正しい場合がきっとあります》