優秀なエリートには共通点がある。彼らは「真面目に、我慢して、一生懸命」ではなく、「ラクして速く」をモットーに、効率よく結果を出し続けている。まじめさと仕事のパフォーマンスは比例しない。24年間で5万人以上のクビ切りを手伝い、その一方で、6000人を超えるリーダー・幹部社員を選出してきた松本利明氏の新刊、『「ラクして速い」が一番すごい』から、内容の一部を特別公開する(構成:中村明博)

人生がうまく回り出す! すごいブランディング

 仕事を依頼するとき、依頼者はどんな視点で決めるかご存じでしょうか?

松本利明(まつもと・としあき)
人事・戦略コンサルタント
外資系大手コンサルティング会社であるPwC、マーサージャパン、アクセンチュアなどを経て現職。5万人以上のリストラを行い、6000人を超える次世代リーダーや幹部の選抜・育成に関与する。その中で、「人の持ち味に合わせた育成施策を行えば、人の成長に2倍以上差がつく」ことを発見し、体系化する。そのノウハウを、クライアント企業にはマネジメントの仕組みとして、社員には具体的な仕事術へと落とし込み提供。24年間で、外資系・日系の世界的大企業から中堅企業まで、600社以上の人事改革と生産性向上を実現する。自らもその仕事術を実践することで、スタッフからプリンシパル(部長クラス)まで8年という驚異的なスピードで昇進する。現在は、企業向けのコンサルティングに加え、「すべてのムダをなくし、自分らしく、しなやかに活躍できる世界」にするため、「持ち味の見つけ方・活かし方」を、ビジネスパーソンのみならず学生にも広めている。「仕事術」「働き方」などのテーマで、メディアへの寄稿多数。また「日本企業の働き方・賃金改革の在り方」について、英国放送協会(BBC)から取材を受け、その内容は全世界に配信された。

 一番が過去の実績です。当然、仕事を任せる側は常にその分野のNo.1にお願いしたいと思っています。

 しかし、必ずしも実績だけではありません。「アイツならやり切ってくれる」「彼ならいい結果を出してくれるだろう」という未知の期待もあります。実績があっても、やる気がない人には任せたくはありません。

 ポイントは「意欲」と「安心感」。任せたくなるのは「まだまだ仕事ができます」「大きな仕事も任せてください」というポジティブな意欲とオーラをまとった人です。

 しかし、「やらせてください」という口先だけでは信頼されません。安心感がないとオーラは出ないからです。安心感を出すにはポイントがあります。「過去・現在・未来」を語るのです。

過去:どんな役割を担い、実績を出してきたか(実績・得意分野)
現在:今どんな仕事をしているか(現状の役割と空き状況)
未来:過去、現在を踏まえてどんなことを具体的にしていきたいか(意志・意欲)

 1つ例をあげましょう。

過去:これまで広告代理店A社で営業、B社でマーケティングをしてきました。そこで培った自分の強みは女性向け商品のリサーチとプロモーションです。

現在:30代女性向けの化粧品の宣伝のプロジェクトリーダーをしています。

未来:長年の趣味であるヨガやマクロビを活かし、30代の女性が心と身体と精神を輝かせる毎日を提案していきたい。

 さて、私の場合だと下記のようになります。

過去:マーサー、アクセンチュアなどで600社以上の人事改革に携わり、5万人を超えるリストラ、6000人以上の次世代リーダーの選抜を行いました。

現在:コンサルタントとして独立し、大企業から中堅企業の人事・戦略のコンサルティング、研修講師、ビジネス書の執筆をしています。

未来:AI時代になっても、自分らしく活躍できるキャリアや働き方を若い人に伝え、支援していきたい。