今後の主流はスマホ決済に

 これからキャッシュレスの流れはリアルなカードを使ったものから、スマートフォンを使った「スマホ決済」に確実に移っていく。スマホ決済には、非接触ICの電子マネーを端末にかざして使うものと、QRコードを使って決済する2つのタイプがある。

 非接触ICのフェリカを搭載したスマホで支払いを行うサービスには、アップルのアップルペイ 、グーグルのグーグルペイなどがある。日本ではすでにSuicaや楽天Edy、nanaco、WAONといった電子マネーやクイックペイモバイル、iDのモバイルクレジットカードなど、おサイフケータイとして広く普及しているサービスもある。

「スマホ決済以前」のクレジットカードライフでは、メインとサブで2枚選んで使うのが一番お得といわれてきた。自分のライフスタイルに合ったメインカードを使ってポイントを貯め、サブカードはメインでこぼれるところで使うというものだ。しかし、「スマホ決済以後」は、クレジットカード+電子マネー+ポイントカード(アプリ)の3点セットで選ぶのがよい。この3つの相乗効果を最大限得られるようにするのがコツだ。

 スマホ決済は、販売店側にとって手軽な決済手段として強力な援軍でもあるが、私たち消費者にとっても、アプリを使えば、利用履歴から残高まで画面に映して「見える化」でき、お金の管理の徹底を促す決済手段にもなりうる。いかに賢く、お得にキャッシュレス決済を使うかが、今後の生活を豊かにする鍵となるのだ。