にもかかわらずDマネジャーは、報告書を早く受け取りたい一心で話しているため、Aさんの主張の趣旨をつかんでいません。このようなやり取りを繰り返せば、相手が相談する気を失っても仕方がありません。下手をすると、大きなミスに発展する可能性さえあります。

 部下と向き合うとき、どういった心構えで対応すればいいのかという本質を理解していないと、気づかないうちにこのようなことをしてしまう場合が少なくありません。事例を客観的に見ると「こんなことをしていてはダメだよ」などと感じますが、意外にも自覚がなく、同じような対応をしている管理職の方が多いのも事実です。

 では、どのように対応していればよかったのでしょうか。

「共感的理解の心得」を持ち
部下と向き合うことが重要

 産業カウンセラーとして、クライアントと向き合うとき、筆者は「共感的理解の心得」を持つことを意識しています。「共感的理解」とは、相手の考え方や感じていることを理解することです。

 簡単そうに聞こえますが、これが意外に難しいのです。というのも、相談内容はもちろんですが、相手がその時、何をどのように感じているかについても正確に理解する必要があるからです。

 それを理解せず、勝手な思い込みで話したり、自分の価値観で話したり、否定的な態度を取ったりすると、話の論点がずれてしまい問題解決に結びつかない可能性が高まってしまいます。

 それが、「共感的理解の心得」を持って話をすると、相手が認識している問題と、こちらが認識している問題とが、本当に共有されているのかを確認することができます。