SNSなどに自撮り写真を抵抗なく載せる人は増えている
SNSなどに自撮り写真を抵抗なく載せる人は増えている(写真はイメージです) Photo:PIXTA

一昔前まで、ネット上には自分の顔を出さないのが当たり前だった。しかしSNS全盛の今、「友達限定」でプライベートな写真をアップする人は増えている。中には友達限定でなくても、顔写真を載せる人もいる。「芸能人でもないのに?」「個人情報の流出につながるのでは?」と不思議に感じる人もいるだろう。顔をネット上で見せる人、見せない人の違いは何なのだろうか。(取材・文/フリーライター 武藤弘樹)

投稿される本人の顔画像
彼らは何を思うのか

 自分の顔の画像をネット上にアップロードするには勇気がいる。会社のホームページで社員紹介として上げられることになれば「仕事だから仕方がない」と納得できるかもしれない。

 しかし「あなたの顔だけが写っている画像をアップロードしてください」と言われれば少なからず抵抗を覚える人が多いはずである。不特定多数が閲覧できるウェブ上に顔写真をアップすることは、個人情報の特定や誹謗中傷を受けるリスクにつながる。加えて「自分の顔画像をアップするなんて、ナルシストと思われてしまうのでは」といった恥や恐れによる抵抗は大きい。

 もちろんSNSごとに特色はあって、Facebookの全年齢層やTwitterの若年層などにおいてはプロフィールに本名、本人写真を使うのが一つの主流となっているので、これらはやや事情が違ってくるが、それでも自分だけ写したセルフィーをアップする人は少数派であるから、「SNSに顔写真を上げること」は多くの人にとってハードルが高い行為であることには違いない。

 そうした中で、自分の顔画像やセルフィーをアップし続ける人もまた確実に存在する。「趣味でコスプレイヤーをやっていて人に見られるのが前提」というわけでもない、第三者から見て特に必要を感じない場面で突如として上げられる本人画像。これらをアップする人たちは何を思い、そうした行為に至るのだろうか。数人を対象に直接インタビューをし、その心理に迫ってみたい。