図2 シチョウの基本図

黒1と打ったところ。白はAに打てば逃げられるように見えるが…
拡大画像表示

 図2で、黒1と打ったとしよう。白はAのところが空いているので、まだ完全に囲まれて石が取られたわけではない。しかし、もしもこの後、白がAと打って逃げたとしても、結局、白は取られてしまうのだ。パズルだと思って黒が白を取る手を考えてみよう。

図3 どこまで逃げてもつかまるシチョウ

白2と打って逃げても、階段状に追いかけることで黒は白を取ることができる。これがシチョウだ
拡大画像表示

 ご覧のように、階段状に盤端まで白を追いかけていくと、結局全て囲んで、黒は白を取ることに成功するのだ。ちなみにシチョウは「征」と書くが「四丁」という説もある。一列に4つ石が並ぶため四丁というわけだ。