外資系高級ホテルで働いていた実話をもとにした物語『天国おじい』では、成功を焦るあまりに借金漬けにおちいった青年の人生がその後どう展開していったかを描いています。
真面目に働いていたはずなのに、思いがけない失業で借金を重ね、起業しようとするも資金を持ち逃げされて無一文となり、おまけに原因不明の皮膚病にかかったりで仕事もままならず……。
そこで人生一発逆転を狙って、自己啓発やスピリチュアルにはまりまくったタイチ。
しかし、おかげで人生が好転するどころか、借金してまでセミナーなどに通いつめ、つぎ込んだ結果、借金は600万円にまでふくれ上がった!
「頑張れば結果が出るなんてウソだし、人生は不平等だ!」
そんなこんなで八方ふさがりになった主人公・タイチに、ある日突然、あり得ないことが起こり、以来、人生が好転していくことになったのです。
そのあり得ないこととは……死んだ祖父「おじい」の声が聞こえてきたのです!
その声は折に触れ、タイチの質問に答え、叱咤激励してくれるようになりました。
アルバイト先の高級ホテルで本当に出会った、本物のお金持ちたちとのエピソードなど興味深い話が随所に織り込まれた物語は、読むだけで人生を好転させるために必要なことが理解できます。
今回は、本には収録しきなかったエピソードを紹介します。

本物のお金持ちは自慢話をせず、自分の人生から叡智を語る

石川大智(いしかわ・たいち)
1975年生まれ。設計職として企業に就職するも自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座に通いつめ借金を重ね始める。2008年、リーマンショックの影響で失業。知人の裏切り、原因不明の皮膚病などの不運に次々見舞われ、さらに増える借金に行き詰まっていたところ、「成功するにはお金持ちの実態を知ればいい」と思いつき、2010年より外資系高級ホテルでアルバイトを始める。そこでのお金持ちたちの実態に、それまで信じてきた自己啓発やスピリチュアルのノウハウに疑問を持ち始めたところ、2011年、死んだ祖父との対話が突然始まる。この対話を紹介したブログがライブドアブログ「哲学・思想」カテゴリ1位を獲得。2016年にホテルを辞め、現在はかつての自分のように人生に悩む人々を対象にカウンセラーとして個人セッションやセミナーなどを主宰している。〔イラスト:©shoyu〕

 ボクの実体験をもとにした『天国おじい』には、仕事中のボクが宿泊されているお客さまと長い会話をする場面がたびたびありますが、お読みになった方から、「ホテルでの仕事で、お客さまとあんなに長く会話ができることなんて本当にあるの?」といった質問を受けることがあります。

 これはもちろん、成功を焦って思いつめていた当時のボクが、失礼を重々知りながらも思いきって成功の秘密を教えてほしいなどと質問させていただいていたこともありますが、もう一つ、これも高級ホテルならではというところなのでしょうが、長期滞在をされたり、あえてホテルのスタッフとコミュニケーションをとることを好まれるお客さまが少なからずいらしたことも事実です。

 また、客室担当をしていた時には、滞在中のお客さまのプライベートな空間・時間と接することが多くならざるをえないので、おのずとプライベートな会話をする機会も増えます。
 仕事をし始めて徐々に常連さまや長期滞在のお客さまがわかるようになると、お客さまのほうでもこちらの名前を覚えてくれて、気さくに声をかけてくれることもしばしばです。

 働きだしてまもなくボクが驚いたのは、本物のお金持ちは自分の話をせずにこちらの話をしっかり聞いてくれることでした。

 本物のお金持ちから「ボクは○○の社長で、こんなことを知っていて、こんな人脈もある」といった自慢話の類を聞いたことがまったくありません。

 もちろん、プライベートなことを話さないという予防もあるはずですが、
「調子はどう?家族は元気?最近イイことあった?」
 など、ボクの大したことない身の上話や仕事の話、家族の話を率先して聞きだしてくれたことは今でも印象に残っています。

『天国おじい』に登場した、「神客」と密かにスタッフたちが呼んでいた柏木さまには、こんな口癖がありました。