コンサドーレ札幌を立て直した野々村芳和社長 
コンサドーレ札幌を立て直した野々村芳和社長 Photo by Takashi Eto

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督を招聘し、J1残留2年目のシーズンを戦う北海道コンサドーレ札幌は、2018年シーズンで結果を残しつつある。快進撃を経営者の立場から支えているのが野々村芳和社長だ。2013年に社長に就任。一歩間違えば経営破綻しそうなチームの財政を立て直し、クラブ経営を安定させ、チームの強化にも力を注ぐ。北の大地からJリーグに新たな風を送り込む野々村社長に話を聞いた。(サッカーライター 江藤高志)

強化費を自らかき集め
「つぶさない」から出発

 野々村芳和社長が請われて「北海道コンサドーレ札幌」の社長に就任したのは2013年のこと。前年に最下位でJ1を終え、J2に降格したシーズンだった。その結果、クラブの営業収入は大幅な減収が見込まれ、選手の人件費などを含む「強化費」が大幅に削減されることが決まっていた。

「前年の2012年、J1だったときの強化費が5億円ほど(4.95億)でした。その金額ではJ1はもちろん、J2ですらなかなか勝てないのですが、自分が社長になった2013年は当初、スタッフたちは1.9億円でやるように言われていたそうです」

 費用の削減は、選手の“放出”で穴埋めしなければならない。しかし、そんなことをすればJ2でさえ勝てない。そこで野々村社長は、「なんとか3億円はかけさせてくれ」とフロントに掛け合ったという。とはいえ、足りなかった1.1億円はどうしたのか。