セールスにかぎらず、
人と関わる仕事をする際に必要なのは「人間力」。
「稼げる人」になるには、5つの人間力、
そのすべてがそろっていることがポイントだという。

外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、
世界第2位の成績を残し、
独立後に出版した書籍は
累計200万部超えの作家・和田裕美さんが教える
「稼げる人になる5つの人間力」とは?

彼女が20年かけて伝えてきたことの集大成である
書籍『何もなかったわたしがイチから身につけた稼げる技術』
一部を再構成してご紹介。
(まとめ/両角晴香、編集部、著者写真/佐久間ナオヒト)

5つの人間力、それもごく基本的なことばかりだが、大切なのは5つすべてそろっていること。

一見普通、
でも案外むずかしい5つの力

お客さまは、どんなに商品が良くても、
嫌いな人からは買いません。

わたしが思う「営業力のある人」は、次の5つの力を兼ね備えています。

1.礼儀正しさ
2.謙虚
3.優しさ
4.信頼感
5.自信と活気

「えっ、それって普通のことじゃない?」
そう思いますか? 

「営業力」に、特別な資格も職業経験も関係ないということなんです。
まさに、「人間力があるかどうか」に尽きます。
それにこれら5つの人間力がある人は、どこでも通用する人材です。

「本当にそれだけで大丈夫なの?」と心配な人へ。

これら5つが「ない」人ってどんな人だと思いますか?
何かをしてもらっても、お礼のひとつも言えない。
いつも自分の自慢話ばかり。しかも誰かが困っていても、見て見ぬふり。
おまけに約束は平気で破るし、遅刻も多い。
かと思えば、おどおどしていたり、
不平不満や「どうせ自分なんか」とネガティブなことしか口にしない。

こういう人と、一緒にいたいと思いますか?
こういう人と、仕事をしたいと思いますか?
こういう人から、ものを買いたいと思いますか?
言うまでもありませんよね。

人間力は、今からでも、誰でも身につけることができます。

「今日はあいさつできていたかな?」
「人に優しく接することができたかな?」
こんなふうに、日々振り返りながら、一生かけて磨き上げていくのです。