稼げる人になるには、お給料を「もらう側」にいたとしても、
「払う側」の考え方を理解しておくことが重要。
なぜなら、どの国でもどの時代でも、
ケタ外れに稼いでいる人たちは「払う側」にいるから。
稼いでいる人たちの頭の中を知ることがポイントだ。

外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、
世界第2位の成績を残し、
独立後に出版した書籍は
累計200万部超えの作家・和田裕美さんが教える
「ケタ違いに稼ぐ人の考え方」とは?

彼女が20年かけて伝えてきたことの集大成である
書籍『何もなかったわたしがイチから身につけた稼げる技術』
一部を再構成してご紹介。
(まとめ/両角晴香、編集部、著者写真/佐久間ナオヒト)

いつだってどの国でもどの時代でも桁外れで稼いでいる人たちは「払う側」だ。

ケタ外れに稼いでいるのは
「払う側」の人

世の中には、お給料を払う側もらう側が存在します。

この両サイドは、立場が違いすぎてなかなか理解し合えないもの。

ですが、たとえ「もらう側」にいたとしても、
「払う側」の考え方を理解しておくことをおすすめします。

なぜって、いつだってどの国でもどの時代でも、
ケタ外れに稼いでいる人たちは「払う側」にいるからです。

彼らの思考を身につけることが、稼げる人になる第一歩なのです。
(稼げる技術については、第1回記事を参照ください)