山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

【山下ルール(2)】自分ひとりでできる仕事は、「始業時間前」までに終わらせる
各店舗の「数字」のチェック、業務報告のチェック、メールの確認と返信など、私がひとりで処理できる仕事は、基本的に「始業時間前」までに終わらせてしまいます。

【山下ルール(3)】仕事の「優先順位」を決める
仮に仕事が100個あったとしても、1日に100個の仕事を終わらせることはできないため、「優先順位」をつけます。これは「大きな石→小さな石→砂」という優先順位で仕事をするということです。たとえば「器」があるとすると、「砂」や「小さな石」が先に入ってしまうと、「大きな石」を入れるスペースがなくなってしまうからです。

「大きな石」とは、私にしかできない重要な仕事のこと。「砂」は雑用です。優先順位の高い仕事は、できるだけ「朝」に終わらせるようにしています。やるべき仕事はノートに書き出しておいて、毎朝、優先順位の確認をしてから、仕事に取りかかるのです。

以前、「EARTH(アース)」のFC(フランチャイズ)既存店が3店舗だったときに、「1年間で11店舗」の新規出店に踏み切ったことがあります。一気に14店舗に増えたのですが、赤字転落の危機に陥りました。3店舗のときは、私が自分で「雑用」をする時間がありました。

けれど、14店舗になると、どうやっても時間が足りません。当時の私は「優先順位をつける」という発想がなかったため、ゴミ出しまで自分でこなしていました。その結果、「私にしかできない重要な仕事」(求人、集客、店長育成、クレーム対策、サービスの点検)にまで手が回らなくなってしまったのです。

本社・社長の國分から、「赤字の原因は、全部、自分でやろうとしているから」と指摘を受け、「大きな石」の仕事に集中、特化したことで、全速力で、赤字から抜け出すことができました。

【山下ルール(4)】人に任せられる仕事は「人に任せる」
かつての私は「自分でやらないと気が済まない」人間でした。しかし今では、「小さな石」や「砂」の仕事や、私ではなくても対応できる仕事は、完全にスタッフに任せています(仕事の責任は私が持ちます)。任されたスタッフにとっても、いい勉強になります。私の仕事が予定よりも早く終わった場合は、現場を知る意味も込めて、私も加わります。

生産性を上げるとき、大切なのは、時間の長さではなく、「濃さ」だと思います。ただ「長い時間仕事をする」のではなく、「短時間で集中して濃い仕事をする」ほうが、仕事の質も、高くなります。「やみくもな努力」を「一所懸命の努力」と勘違いせず、自分の仕事の棚卸をして、努力の方向性を定期的にチェックしましょう。「期限」「優先順位」を決めなければ、本当の「質」を極めることはできないと思います。