あなたは、自信をもって英語が話せますか? それとも、今、勉強中でしょうか? 長年やっているけどまだものにならない……。そんな方には、この連載がきっとお役に立ちます。英語講師として日本で20年以上活躍するニック・ウィリアムソンさんは、この9月に『たった30パターンで英会話!』(ダイヤモンド社)を発刊。その中で、ニックさんが独自に体系化した英語が一気に上達するコツを公開しています。本連載では、そのポイントについて、わかりやすく解説していきます。

未来についての質問なら、全部これでOK

 前回の記事で、「I’m going to ~(~するよ・~するつもり・~しそう)」の基本パターンについて説明しました。

 今回は、「Are you going to ~?(~するの?・~するつもり?・~しそう?)」という相手の意志や意図、予定などを確認する言い方です。

 未来についての質問なら、全部これで言えます。

 動詞の原形を続けるだけです。語尾を上げて言ってみてください。スラスラと口から自然に出てくるくらいまで、練習いたしましょう。

基本的な表現はこれ!

 Are you going to?(~するの?・~するつもり?・~しそう?)

 Are you going to+go? 行くの?

 Are you going to+invite Dave? デイブを誘うの?

 Are you going to+bring anyone? 誰かを連れてくるの?

 Are you going to+work tomorrow? 明日は仕事?