あなたは、自信をもって英語が話せますか? それとも、今、勉強中でしょうか? 長年やっているけどまだものにならない……。そんな方には、この連載がきっとお役に立ちます。英語講師として日本で20年以上活躍するニック・ウィリアムソンさんは、この9月に『たった30パターンで英会話!』(ダイヤモンド社)を発刊。その中で、ニックさんが独自に体系化した英語が一気に上達するコツを公開しています。本連載では、そのポイントについて、わかりやすく解説していきます。

 

現在形は、「いつもの習慣、一般的なこと」を表す

 現在形は「今、現在のこと」を表すと思っていませんか? 実は違いますよ。文法の基本中の基本である「現在形」は、ほとんどの日本人に誤解されているのです。

 また、「日本語が『~している』のときは、英語も現在進行形」というのも、よくある誤解です。

 英語は日本語に合わせるのではなく、英語の感覚に合わせて使いましょう。

 現在形は、「いつもの習慣、一般的なこと」を表します。現在形では、今現在、その動作をしているかどうかは関係ありません。使い方は以下の通りです。

 I work.(職に就いています)

 I don’t work.(無職です)

 Do you work?(お仕事はされていますか?)

 Where do you work?(どこで働いていますか?)