あなたは、自信をもって英語が話せますか? それとも、今、勉強中でしょうか? 長年やっているけどまだものにならない……。そんな方には、この連載がきっとお役に立ちます。英語講師として日本で20年以上活躍するニック・ウィリアムソンさんは、この9月に『たった30パターンで英会話!』(ダイヤモンド社)を発刊。その中で、ニックさんが独自に体系化した英語が一気に上達するコツを公開しています。本連載では、そのポイントについて、わかりやすく解説していきます。

 

まずは、基本の「パターン」を頭に入れよう!

ニック・ウィリアムソン
オーストラリアのシドニー出身。 シドニー大学で心理学を専攻。同大学で3年間日本文学も勉強し、日本の文化にも明るい。在学中にオーストラリアの日本大使館が主催する全豪日本語弁論大会で優勝。日本の文部科学省の奨学金を得てシドニー大学卒業後、東京学芸大学に研究生として1年半在学。在学中にアルバイトとして英会話スクールで英語を教え始め、卒業後も看板講師として勤め上げる。英語講師として20年間のキャリアの中で、英会話教室をはじめ、企業向け英語研修や大学の講義、SKYPerfect TVの番組の司会やラジオのDJ、数々の雑誌のコラムや7冊の英語本の執筆など、活動の場は幅広い。ゼロから日本語を完璧に習得した経験と、大学で専攻していた神経心理学の知識をもとに、非常に効果的で効率的な独自の言語習得法を開発。著書に『たった40パターンで英会話!』『中学レベルの英単語でネイティブとペラペラ話せる本』『中学レベルの英単語でネイティブとサクサク話せる本[会話力編]』(以上、ダイヤモンド社)『旅の英会話伝わるフレーズ集』(ナツメ社)など。

 はじめまして。ニックです。この連載に興味を持たれたということは、これまで人並みに英語の勉強はしてきたけれど、まだ英語がうまくしゃべれないという方かもしれませんね。

 僕が日本語を覚え始めたときも、皆さんと同じように文法を中心に勉強をしていました。

 例えば、すごく簡単な日本語でも、いちいち話すときに頭の中でたくさんの文法項目を考えていました。

 でも、それをやめて「パターン」を意識するようにしてからは、いきなり、すごく簡単に話せるようになったのです。そのコツをぜひ、みなさんにも伝えたいと思います。

 例えば、「行きたくなければ、行かなくてもいいよ」という簡単で日常的な日本語の文を作るとしましょう。私がまだ日本語をマスターする前には、文法で考えると、およそ次のように頭の中で考えていました。

・「行く」の「く」を「き」に置き換えて、「たい」を付けて「行きたい」

・「行きたい」の「い」をとって、「くない」を付けて「行きたくない」

・「行きたくない」の「い」をとって、「ければ」を付けて「行きたくなければ」

 そして、

・「行く」の「く」を「か」に置き換えて、「ない」を付けて「行かない」

・「行かない」の「い」をとって、「くて」を付けて「行かなくて」

・「行かなくて」に「もいい」を付けて、「行かなくてもいい」……。

 このように、簡単な日常会話でも、たくさんの文法項目を考えなければいけないのです。

 どんなに利口な人でも、こんなことを考えながら話すことはできません。そもそも会話をする場面では、じっくり考えている時間は、ほとんどありませんよね。

 でも、「~たくなければ~ なくてもいい」と「パターン」で覚えれば、すごく簡単に色々と言えるようになりますよ。

 日本語のネイティブである皆さんの頭の中に近いのは、どちらでしょうか? やはり「パターン」の方ですよね。

 英語のネイティブも、もちろんそうです。誰もいちいち文法を考えながら話してなんかいません。

「~たくなければ」には、「行き」「言い」「飲み」という形の動詞が入ります。

「~なくてもいい」には「行か」「言わ」「飲ま」という形の動詞が入ります。

 これを英語に例えると、ある言い回しには「原型」が続いて、ある言い回しには「動詞のing形」が続いて、また、ある言い回しには「過去分詞」が続く、という考え方になります。

「なぜ原型?」「どうしてing?」と考えずに、「これには原型だ」「これにはing形だ」と覚えればいいのです。