超金融緩和がもたらすカネ余りを背景に、巨額の投資マネーが怪しげな企業に流れ込む。フェイクで強欲な奴らがバブル再来を謳歌する一方、貧困層は増大し、経済格差は広がるばかり。そのうえ忖度独裁国家と化したこの国では、大企業や権力者の不正にも捜査のメスが入らない──。
そんな日本のゆがんだ現状に鉄槌を下す、痛快経済エンターテインメント小説が誕生! その名も『特捜投資家』。特別にその本文の一部を公開します!

第1章 バブル、再び(5)

前回まで]「サクセスジャンキー」の異名を持つグラマラスな美女・五反田富子と六本木の豪華パーティで再会した有馬浩介は、彼女からカネ余りを背景にしたベンチャーバブルの驚くべき実態を聞かされる。そのとき、会場で一人の男を見つけた富子の目の色が変わる──。

 男だ。たくましい長身に濃紺のスーツ。ワックスで固めた短髪と褐色の肌。太い首にがっちりしたあご、鋭い一重の目。張り詰めた雰囲気が漂うアスリート風の男だ。会場の奥、きらびやかな夜景を背景に、中背の男と話している。有馬はささやく。

「背の高いほうか?」

 当然、と富子は瞳をレーザービームのように据えたまま答える。

「とんでもない男よ」

 とんでもない?有馬は男の横顔を凝視する。年齢は40代半ばか。実業家?俳優?それとも引退した有名スポーツ選手?わからない。初めて見る顔だ。

「だれだよ」

 知らないの、と富子は語尾を上げ、放り投げるように言う。

「ジョーでしょ。ジョーリュウイチロウ」

 城隆一郎。知る人ぞ知る、凄腕投資家だという。

「個人投資家として数百億の資金を動かし、莫大な利益を得ている生粋の一匹狼よ」

 世界的な投資銀行、『ゴールドリバー』のニューヨーク本社でファンドマネージャーとして確かな実績を残した、別名“金融界のイチロー”とか。ちなみに独身。

「その素顔は厚いヴェールに包まれて、どういう私生活を送っているのか、だれも知らないのよ」

 お手上げ、とばかりに富子は肩をすくめる。

「ときどき、思い出したように業界人のパーティに現れ、若い女をつまんでお持ち帰り。カネはうなるほど持ってるし、あれだけイイ男で独身ならつまみ放題だよね。しかも一夜限りの後腐れなし」

 富子は語るほどに興奮するらしく、声が上ずり、ほおが燃えるように上気する。

「今夜、このパーティに現れるという極秘情報をキャッチしてね」

 白い歯を牙のようにきらめかせて笑う。

「めでたくビンゴッ、でした」

「おまえもつまみ食いされたいのか」

 ばかやろう、と富子は声を低めてののしる。

「あたしはビジネスパートナーになるんだよ。そのへんの頭スカスカの尻軽と一緒にすんな」

 そうですか。

「会食の約束を取りつけられたら最高だけど、最低限、名刺くらいゲットしないと」

「今夜の獲物、いやターゲットはあいつか」

 返事なし。富子はバッファローの動きをうかがうサバンナのハンターのように凝視している。あれ? 城の相手の様子がおかしい。両腕を広げ、険しい顔だ。有馬はそっと歩み寄る。富子もついてくる。密談相手の声がかすかに聞こえる。有馬は足を止め、耳を澄ます。

 そこまでコケにして楽しいのか、見損なったよ、おまえのことを見込んでわざわざ──。

 城は両腕を組み、あさっての方向を向いている。黙殺された男は口をつぐみ、下を向く。

「だれだ、あいつ」

「どっかの貧乏人でしょ」

 富子は素っ気なく言う。

「あんたと甲乙つけがたい貧しい身なりだし」

 中肉中背の地味な風貌。古びたジャケットに脂っけのない髪。ゴム底の革靴。たしかにセレブパーティには不似合いの冴えない中年男だ。サクセスジャンキーの毒舌が炸裂する。

「城さんに女とられて八つ当たりしてんじゃないの?でも、あんな貧乏神みたいな男じゃ当然よお。ここに来ている女が相手にするわけがないじゃん。大富豪の城さんとは較べものにならないね。カスだよ、負け犬のカス。さっさとどきなよ」

 富子は城以外、まったく眼中にない。

「ほら、貧乏神、どけっ、あんたが城さんにモノ申すなんて50年、いや100年早い、分をわきまえてどけっつうの」

 パチン、と指を鳴らす。

「おお、どいた」男が離れる。富子がにんまりする。

「あたしの願いが天に通じたみたい」

 城がひとりになる。富子は笑みを消し、前傾姿勢をとる。獲物にロックオンした海千山千の女豹。

「富子、健闘を祈る」

 有馬がその場を立ち去ろうとすると、富子はあわてて引きとめる。

「ブンヤ、待ってよ」

 細い眉を八の字にして訴える。

「一緒に行こうよ」

「どこへ」

「城さんのとこよ。ひとりだとなにかと警戒されるから」

 さすがサクセスジャンキー。鼻もちならない自信家とはいえ、己の数々の悪評は承知しているらしい。ひとが変わったような甘い口調で誘ってくる。

「城さん、すごい情報通だから美味い取材ネタもあるかもよ」

「天下の椎名マリアがそんな弱気でどうすんだ」

 そんなあ、と富子がすがるように見つめてくる。有馬はここぞとばかりに畳みかける。

「いまが人生の勝負時だろ。これまで磨き上げた手練手管を繰り出し、色気フルスロットル、玉砕覚悟で突っ込んでみたら、道は開けるかもよ」

 じゃあな、と片手を挙げ、さっさとボロ靴を踏み出す。

 一転、富子は怒りの形相でなじる。

「なんだよ、臆病者。超金持ちのセレブにびびったのか」

 有馬はかぶりを振って返す。

「やっぱおれ、こういうとこは苦手だわ。人間、分をわきまえねえとな。しょせん、貧乏神だからさ」

「だからあんたはダメなんだよっ」

 なんとでも言え。有馬の気持ちに迷いはなかった。密かに狙いをつけたターゲットを追い、速足で歩く。ワンマンショーこと牧口翔が去った会場は、祭りの後にも似た弛緩した空気が漂っている。わが世の春を謳歌する東京のセレブたちも、世界を股にかけたグレートショー、牧口の前では取るに足らない、ひと山いくらの小金持ちにすぎない。

 有馬は気の抜けた群衆をかき分け、足を速める。

 視界の端、熟練のハンターのように素早いステップで城隆一郎に接近し、楚々とした淑女の表情で話しかける五反田富子。城も笑顔で応じ、ふたりは談笑に突入する。マジかよ。有馬は思わずつぶやいた。謎のヴェールに包まれたカリスマ投資家も、“クールビューティ”椎名マリアにあっさり陥落か?

 有馬は落胆し、先を急いだ。いま、追いかけるべきターゲットは他にある。

(第1章終わり、第2章に続く)