誰でもできるけれど、誰もやっていない「年収1億円の習慣」。年収1億円以上の人の「習慣」には、ある「共通のルール」があります。でも、その「習慣(ルール)」を行うのに、特別な才能もいりませんし、最初にお金が必要になることもありません。誰でもできる「シンプルな習慣」を、あなたが身につけさえすれば、年収1億円は、実現可能なのです。

【年収1億円の習慣】
人の「2倍」学べる方法は、
「短所」も「長所」も両方見ること

私が駆け出しの店長だったころは、スタッフの「欠点、弱点、問題点」ばかりが目につき、人を「ほめる」ことを知りませんでした。当時は、「できないことを克服するのが改善」だと考えていたからです。

スタッフに悪い点があれば、指摘する。そうすれば、お店はもっと良くなる。そう思って指導してきたのですが、思惑は見事に外れました。「○○がない」、「○○が足りない」、「○○ができない」と容赦なく叱責する私に嫌気が差し、多くの後輩が、私から離れていったのです。

「山下さんは、人を非難するばかりで、僕たちがどれほど頑張っても、評価してくれません。どんな人にも良いところがひとつはあるのだから、少しくらいほめてくれてもいいのではありませんか? あなたの下にいると、卑屈になってしまいます」と言い残して、店舗を去った社員もいました。「良かれ」と思ってやっていたので、正直、愕然としました…。

「悪いところばかり見ようとすると、人が辞める」ことに気がついた私は、考えをあらためました。「欠点はそのままでもいいから、良い点だけを見る」ようにして、積極的に人をほめることにしたのです。

すると、今度はどうなったかというと……同じように人が辞めていったのです。再び、愕然としました…。ある社員は、辞表を提出しながら、私にこう言いました。
「山下さんは、いったい、いつから八方美人になったのですか? 誰にでも同じようにほめるから、本心が伝わってこないのです。だから、山下さんにほめられても、事務的に感じます…」

悪いところを指摘すると、人が辞める。良いところをほめても、人が辞める。「EARTH(アース)銀座店」は、こっぱみじんに、空中分解寸前でした。