トヨタとソフトバンクの事業提携の会見
左から2人目がソフトバンクの孫正義社長 左から3人目がトヨタの豊田章男社長 Photo:TOYOTA

新会社、モネテクノロジーズを設立
年内をめどに共同事業を開始

 世の中がアッと驚く提携が発表された。トヨタとソフトバンクである。両社は10月4日、「新しいモビリティサービスの構築に向けた戦略的提携について合意し、新会社、モネ(MONET)テクノロジーズを設立する」と発表した。年内をめどに共同事業を開始する。このニュースについて国内メディアは「資産価値トップ(トヨタ)と2位(ソフトバンク)による平成最後の大型提携」と報じた。ソフトバンクの「情報革命で人々を幸せに」と、トヨタの「すべての人に移動の自由を」という2つのビジョンを融合し、安心・快適なモビリティ社会の実現を目指すことが目的だと解説した。

 新会社は資本金20億円でスタートし、ソフトバンクが50.25%、トヨタが49.75%をそれぞれ出資する。将来的には資本金100億円まで増資する予定。事業内容は、(1)オンデマンドモビリティサービス(2)データ解析サービス(3)自動運転事業の3本が柱になる。

 最初に国内で行う事業は、利用者の需要に合わせて時間ぴったり=ジャスト・イン・タイムの配車を行う地域連携型オンデマンド交通と企業を対象にしたシャトルサービスだ。自治体や企業に提供するという。