アルファベットの研究部門「X」を統括するテラー氏は、時間節約のため社内でインラインスケートを履く。こうした実践的な問題解決は同氏の仕事の中核だ。