レクサスUX250h・E-Four
レクサスUX250h・E-Four UXはBMW・X2やアウディQ2などをライバルとするコンパクトSUV 「Creative Urban Explorer=都会で活躍する創造的な探検家」をコンセプトに開発 エクステリアはファットなフェンダー処理が特徴 Cd値は0.33

日本や欧州市場の拡販の切り札
新型SUVのUX

 2012年、レクサス本部の機能を強化してレクサス・インターナショナルとして再編されてから、レクサスはブランドとしての地位を順調に押し上げてきた。とくに、14年のNXの登場を境に、レクサス車の存在感は上昇線を描いている。

 そんな折、レクサスは、新たにラインアップに加わる新型SUVのUXが、“日本や欧州市場の拡販の切り札になること”を期待している。

 日本をはじめ世界的な傾向だが、欧州市場でもSUV人気は高い。とくにコンパクトSUVの市場占拠率は非常に高い。となれば、当然ライバルも多い。UXはそんな激戦区に挑戦するニューカマーだ。