児童虐待に対する社会の在り方が改めて問われるなか、周囲も児童相談所も、しばしば「動きたくても動けない」という状況にある。社会の機能不全はどうして起きるのか(写真はイメージです) Photo:PIXTA

虐待対策に必要なのは
子ども自身の声ではないのか

 今年3月、東京都目黒区で5歳の女児が両親からの虐待の末に亡くなった。女児は日常的に暴行を受け、充分な食事を与えられずに衰弱していたところを放置され、肺炎による敗血症で亡くなったとされる。両親は、保護責任者遺棄致死罪によって起訴されている。

 女児が虐待を受けていることは、一家が香川県に居住していた2016年から認識されており、香川県の児童相談所が対応していた。児童相談所は、日常的に深刻な虐待が行われていることを充分に認識しており、2016年12月と2017年3月の2回にわたって、合計で約6ヵ月の一時保護も行なった。いずれも、契機は父親による暴行であった。父親は傷害容疑で書類送検されたが、起訴はされなかった。

 虐待の背景に貧困があるとは限らない。しかし、貧困と虐待は絡み合って発生していることが少なくない。貧困問題に関する取材を行なっている私は、自動的に数多くの虐待事例を見聞することになるのだが、その「相場感覚」に照らすと、香川県の児童相談所は、かなり踏み込んだ対応を行なっていたと感じられる。

 香川県の児童相談所は、一時保護した女児を自宅に帰すにあたって、両親と面接し、両親のもとに帰らせた後のフォローアップも行なった。一家が東京に転居した後は、居住地を管轄する品川児童相談所に引き継ぎを行なった。引き継ぎを受けた品川児童相談所は、複数回にわたって家庭訪問を行なったが、女児には会えなかった。そして悲劇が起こった。

 私には、香川県と東京都の2つの児童相談所は、ベストを尽くそうとしていたと感じられる。しかし、結果として女児の命を救えなかった。児童相談所や福祉事務所の職員が家庭訪問をする際、玄関先で親が「子どもは元気で、今、奥の部屋で寝ています」と言い張るのなら、強引に家の中に入り込むことはできない。

 では、職権による強制力を持つ警察官が関わればよいのだろうか。単純な方法で確実に解決できるのなら、すでに子ども虐待は、世の中から消滅しているだろう。それが、私の率直な実感だ。

 そして、必要なはずなのに現在まで行われておらず、目黒の女児死亡事件から4ヵ月後に政府がまとめた「児童虐待防止対策の強化に向けた緊急総合対策」にも盛り込まれていないことがある。それは、子ども自身の声を聴くことだ。