アップルはMacとiPadは、世界で最も実入りのいい「副業」と呼べるだろう。その両製品とも高額化による売上高拡大という戦略に舵を切った。