安倍首相の訪中は現地の中国ではあまり注目されなかった
安倍首相の訪中や日中首脳会談の様子は現地の中国ではあまり注目されなかった Photo:代表撮影/REUTERS/AFLO

話題にならなかった日中首脳会談

 北京で開かれた日中首脳会談を受け、日本では「競争から協調へ」などと、日中関係が改善したと大々的に報じられた。安倍内閣は「日中新時代の到来」だと期待を高めるが、中国ではどうなのか。

 会談直後、筆者は上海を訪れた。だが、日中の関係改善に対する期待の声を聞いたのは、後にも先にも安徽省出身の男性のこんなコメントだけだった。

「2011年の反日デモ以来、数年にわたって日本ブランドを買えない時代が続いた。僕はトヨタ車が好きだ。だから、中国と日本の関係が改善してよかったし、いつかはトヨタ車を買いたいと思っている」

 筆者は上海市長寧区に住む数十年来の友人、徐さん宅を訪れた。日中首脳会談から間もない時期だったので、「このホットニュースこそが話題の中心になるはずだ」と期待をしての訪問だった。

「上海でも首脳会談のニュースは報道されていたでしょう?」と水を向けると、夫人(67歳)は「安倍首相が訪中したという報道はあったにはあったけど、少しだけだった」と答えた。そこに徐さんの夫(69歳)が入ってきて、「私はラジオ派だけど、ラジオでも扱いは少なかった気がする」と、その”印象の薄さ“を率直に語った。

 そして徐夫人はさらにこう加えた。

「日中関係が良かろうと悪かろうと、あまり自分たちの生活には影響ないわね」