三菱自動車の「エクリプス クロス」
三菱自動車の「エクリプス クロス」 Photo:MITSUBISI MOTERS

RJCカーオブザイヤーに
三菱「エクリプス クロス」

 日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する第28回(2019年次)カーオブザイヤーを三菱自動車の「エクリプス クロス」が受賞した。

 三菱「エクリプス クロス」は、三菱自動車が4年ぶりの新型車として投入したコンパクト・クロスオーバーSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)だ。

 今回、エクリプス クロスが栄冠に輝いた理由は「スタイリッシュなクーペスタイルのコンパクトSUVとして、その流麗なフォルムが高く評価されたことに加え、三菱自特有の電子制御4輪駆動技術『S—AWC』により高い走破性と操縦安定性を確保したこと。また新開発1.5L直噴ターボエンジン+スポーツモード付CVTは、中低速トルクを向上することで、活発な走行性能を実現したことが評価された」ものだ。

 三菱自動車がこのRJCカーオブザイヤーを受賞するのは、第16回(2007年次)の軽自動車「i(アイ)」以来で、実に12年ぶりとなる。

 筆者は、RJC会員であり、カーオブザイヤー選考委員としてツインリンクもてぎでの11月13日の最終選考会に臨んだ。

 2017年11月から2018年10月までに発表された国産車を対象として選ばれた「5ベスト」を現地で試乗し、最終選考投票を行った結果、三菱エクリプス クロスが予想以上に日産のセレナe—POWER、ホンダのクラリティPHEV、同CR—V、マツダのCX—8を大きく引き離す得点でトップとなった。