急なお願いを受け入れてもらうには、
キャラ別の頼み方がある!

「あさってまでにお願いします!」をすんなり受け入れてもらえる人は、返報性を上手く使い、普段から相手に喜ばれる行いをしています。

その上で、本書でも紹介している、相手のタイプに合わせた伝え方でもう一押しをすると、「〇〇さんの頼みなら断れないなぁー」となるのです。

◆ガツガツタイプ(自己主張の強いリーダー型)は、相手の影響力を持ち上げる
→「ここは山田さんの力でなんとか動かしてください!山田さんだけが頼りなんです!」

◆やわらかタイプ(安定が好きで貢献型)は、相手の貢献欲求をさらに引き出す
→「山田さんにはいつも助けられて感謝しています! 今回協力いただければ、今後我々も山田さんに協力させていただきます!」

◆ロジカルタイプ(数字や理論などを重視するタイプ)は、相手の能力と実利を押し出す
→「山田さんの能力でここは何とかお願いします!これが実現できれば支払いも前倒しできます!」

◆おもしろタイプ(人と違うことが好きなタイプ)は相手の個性を刺激する
→「山田さんのアイデアでなんとかお願いします!普通の人じゃ頼めないので、山田さんだからこそのお願いです!」

自分の良さを理解した上で頼られると、断れなくなりますよね!
無理なお願いをいつも通してしまう人は、普段の関係性と相手のタイプを理解した伝え方が上手なのです。