夢を買うと考えれば
合理的な行動

「なぜ宝くじを買うのか」という問いに対して、筆者がもっとも納得した回答は、「買わなきゃ当たんないじゃない」だ。誠にその通りだ。

 当たる確率がいかに低くても、買えば当たるかもしれない。しかも「当たれ」と念じることができるし、「当たったら何をしようか」と妄想することもできる。妄想というと言葉が悪いが、「夢を持つ」と言い換えれば素敵なことだ。それは、宝くじを買わなければ経験できないことだ。

 読者の中にも、オリンピックで日本選手を応援したり、ひいきのサッカーチームを応援したりする人は多いだろうが、なぜ応援するのだろうか。読者が応援したからといって勝つ確率が高まるわけではないし、応援した方が勝っても読者には何の得もない。

 かくいう筆者も、オリンピックでは日本選手を応援する。それは、応援すること自体が楽しいからだ。理由は心理学者にでも聞かないとわからないが、応援するために使った時間も金も惜しいとは思わない。

 宝くじも同じだ。当たれば、当せん金がもらえるのだからなおさらだろう。筆者は宝くじは買わないが、自分が持っている株については毎日「上がれ」と応援しているので、宝くじを買った人の気持ちは容易に想像がつく。

 たった300円程度で応援する対象が得られ、しかも当たったら何をしようという夢まで見ることができるのだから、安い買い物だ。もちろん、実際に当たれば金持ちになれる。それが幸せにつながるかは、人それぞれだろうが。

保険に加入する理由も
宝くじと同じ

 さて、宝くじを買う理由は、非合理的な錯覚と合理的な要素の両方だと記したが、保険に関しても向かうベクトルは逆だが同様だ。