58歳時点では、長女は既に社会人になっていることから、生活費はもう少し減額させられるはずです。可能であれば月50万円に抑えたい(この金額でもやや多い)ところです。月50万円とすれば年間600万円。65歳までの7年間の生活費は4200万円で賄える計算になります。退職金が支給されていれば退職金だけが65歳以降の老後資金ということになり、収支上はギリギリ資金ショートしない計算になります。

 ただし、金銭的な余裕は全くありませんし、仮に大病や大きなケガを患ってしまうと医療保険でカバーしていないと大変なことになります。また、リタイア後のレジャー費等を捻出することも難しいと言わざるを得ません。ハッピーリタイアメントとは縁遠いリタイア生活になる可能性が高いでしょう。

 かなり推測部分も入れて早期リタイアの可能性を探ってみましたが、残念ながら早期リタイアはかなり難しいと言わざるを得ません。幸いにして額面2000万円の収入を黙っていても受け取れる環境にいるのですから、不満が発生しない限りは働いてできる限り金融資産の山を高くされることをおすすめします。

 また、リタイアに向けて生活をダウンサイジングされることも忘れないでください。高収入の人は往々にして生活のダウンサイジングを行わないままリタイア生活に突入。みるみる金融資産が減少していき、真っ青になる人が多いのが特徴です。

 Kさんの場合、60歳を完全リタイアの目安にされるのが実際的かと思われます。それでも公的年金の支給が始まる65歳までの5年間は金融資産だけで生活していくのですから、それなりの覚悟を持って準備しなければならないでしょう。

「60歳じゃ遅い!」と思われるかもしれませんが、公的年金の支給が段階的に引き上げられている現在では、60歳で完全リタイアできる人は経済的にかなり恵まれている人といえるのです。

(ファイナンシャルプランナー 深野康彦)